暮らしの知恵

オール電化住宅はお得?メリットとデメリットを紹介!特徴や注意点も

オール電化メリット・デメリット
タカラベアー
タカラベアー
オール電化住宅ってどんなメリットがあるの?
営業マン
営業マン
オール電化にはいろんなメリットとデメリットがあります。自分のライフスタイルに合わせて選択するのが大切です!

今回は、オール電化住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

最近ではオール電化の賃貸も増えてきましたが、物件選びにあたってはメリットだけでなくデメリットもきちんと把握しておきたいですよね。

「オール電化はお得ってよく聞くけど本当?」

「メリットばかり聞くけどデメリットもあるの?」

そんな疑問を解消できるよう、この記事ではオール電化物件の特徴や弱点についてもご紹介します!

この記事で分かること
  • オール電化住宅の特徴
  • オール電化住宅のメリット・デメリット
  • オール電化住宅に暮らす時の注意点
  • オール電化住宅と普通住宅の比較
営業マン
営業マン
オール電化のメリットとデメリットを、さまざまな視点から検証しています!物件選びでお困りの方はぜひ参考にしてください。

オール電化とは?

オール電化

「オール電化住宅」とは、生活に必要なエネルギー(空調・給湯・熱源など)のすべてを電気でまかなっている物件のことです。

普通の住宅だと湯沸かしやコンロにガスが使われるのが一般的ですが、オール電化の住宅では、それらすべてに電気を使用しています。

オール電化住宅でよく使われている設備は以下の通りです。

  • IHクッキングヒーター
  • エコキュート(または電気温水器)
  • 蓄熱ヒーター
タカラベアー
タカラベアー
エコキュートって聞いたことがあるけどよく分からないなー。
営業マン
営業マン
1つずつ説明していきます!

IHクッキングヒーター

IHコンロ

IHクッキングヒーターは電気を熱源とするコンロで、磁力線発生コイルに電気を通して発熱する仕組みになっています。

ガスコンロと違って火を使わないので安全性が高く、器具自体の凹凸が少ないためお手入れも簡単です。

営業マン
営業マン
火が出ないので、お子さんがいるご家庭や、火の消し忘れが不安な方などにおすすめです。 

エコキュート・電気温水器

エコキュート

オール電化物件の給湯は、電気代が安い夜間にお湯を沸かして溜めておいたお湯を日中に使える「電気温水器」または「エコキュート」になっていることが多いです。

電気温水器とエコキュートの違いは、熱の生み出し方。

電気温水器は電熱ヒーターで熱を生み出すのに対し、エコキュートは大気中の熱を利用して熱を生み出す「ヒートポンプ技術」で給湯します。

営業マン
営業マン
少ない電力で給湯できるエコキュートは、オール電化の給湯設備の中でも人気が高いです。 

オール電化の給湯設備はガス給湯に比べて二酸化炭素排出量を抑えられるので、環境面でも優れています。

暖房

蓄熱暖房

多くの家庭ではエアコンで暖をとっているので暖房にはもともと電気を使っているイメージもありますが、中にはガスや灯油を使った暖房を使っている家庭もあるでしょう。

オール電化の暖房で特徴的なのは、電気料金が安い夜に溜めておいた熱を昼間に使う「蓄熱ヒーター」

エアコンとは違って足元から素早く温まる蓄熱ヒーターは、エアコンより広い範囲を素早く温められるので人気です。

また、エコキュートで沸かしたお湯を床下に流す「床暖房」も、オール電化物件で使われることの多い暖房です。

既にエコキュートがある物件やこれから設置する物件では、設置工事が簡単なエコキュートを使った床暖房にするのが一般的と言われています。

オール電化住宅のメリット4つ

オール電化
営業マン
営業マン
オール電化住宅のメリットをご紹介します!

「オール電化物件はお得」というイメージがありますが、実際はどういったメリットがあるのでしょうか?

オール電化物件の4つのメリットをまとめました。

給湯や暖房料金が安くなる

節約

光熱費の中でもお金がかかる「給湯」と「暖房」。

オール電化物件では、電気料金が安い夜の間に蓄熱しておくことで、給湯や暖房料金が一般の住宅より安くなる傾向にあります。

営業マン
営業マン
電力会社によっては夜間料金が安い「オール電化向けプラン」が用意されている場合もあるので、昼間家を空けることが多い家庭は、そういった夜間料金プランを選べばさらに光熱費を節約できますよ。

関西電力のホームページによると、オール電化住宅の世帯別の平均光熱費は以下のようになっています。

世帯人数 平均光熱費
1人 11,222円
2人 14,049円
3人 15,588円
4人以上 17,416円

出典:関西電力「オール電化とガス併⽤どちらがおトク?」

ご自分の家庭と比べてみていかがですか?

これが一般家庭の電気代+ガス代だと考えると、この平均光熱費はなかなか安いのではないでしょうか。

ただ、電気の使い方や使う時間帯によって電気代はかなり変わってきます。

営業マン
営業マン
節約のためにオール電化を選ぶなら、料金プランやライフスタイルに合った電気の使い方を事前にしっかりシュミレーションしておくのが大事です!

ガス料金がかからない

光熱費

オール電化にするとガス料金がかかりません。

ガス料金がかからないことのメリットはこちら。

  • ガスの基本料金がかからないので節約になる
  • 光熱費をまとめられるので、節約対策や光熱費の計算がしやすい
  • ガス料金が高い地域だと節約効果が大きい
  • ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素中毒などの心配がない

プロパンガスを使っている家庭は、都市ガスより1.8〜2倍のガス料金がかかっていると言われています。(出典:経済産業省 2015年10月19日第24回ガスシステム改革小委員会資料)

そういったご家庭だと、オール電化にすることでかなり節約効果が得られるかもしれません。

また、電気1本にすることでガスの基本料金がかからなくなるのも大きいですね。

火を使わないから安全

火

オール電化住宅だと料理にIHクッキングヒーターを使うので、火を使って料理する必要がなくなります。

そのため、IHは小さいお子さんがいるご家庭や火の消し忘れが不安な高齢の方などにおすすめです。

ほかにも「災害時などに火事になりにくい」「キッチン周りが汚れにくく手入れしやすい」「二酸化炭素が出ないので空気が汚れない」といったメリットもあります。

災害時に復旧しやすい

地震

オール電化住宅は、地震などの災害時にも比較的復旧しやすいと言われています。

営業マン
営業マン
電気の復旧は他のライフラインと比べても早く、東日本大震災では被災から3日後におよそ80%、8日後には94%の電気が復旧したそうです。

漏れていても目視で確認できないガスは、電気に比べて復旧までに時間がかかります。

その点オール電化住宅だと、浸水被害などが無ければ早めに元の生活に戻れる可能性が高いでしょう。

また、オール電化住宅には夜の間にお湯をためておける「エコキュート」や「電気温水器」があるため、昼間に災害が発生した時にはタンクに溜めた水(お湯)を生活に使えます。

オール電化住宅のデメリット4つ

家
タカラベアー
タカラベアー
オール電化にもデメリットってあるの?
営業マン
営業マン
オール電化は便利ですが、もちろんデメリットもあります。

オール電化のデメリットを4つご紹介します。

日中の電気代が高くなる

電気代

オール電化物件向けの電気料金プランは、夜間の電気代が安い分、昼間の電気代は高めに設定されています。

エコキュートや蓄熱ヒーターなど夜の間に電気を使うのが前提の設備が多いがゆえの料金プランですが、昼間も電気を使うことが多い家庭だと電気代がかなり高額になってしまうでしょう。

営業マン
営業マン
「育児中で日中も家にいることが多い」「在宅ワークだから昼間も電気を使いたい」といった場合、電気の使い方によっては、節約どころかむしろ光熱費が上がってしまうかもしれないので要注意ですよ。

オール電化で節約したいのであれば、夜だけでなく日中の電気の使用量を考慮した上で決めましょう。

IHクッキングヒーターを使いこなすのが大変

料理

ガスのコンロに慣れていると、「火を使わない調理だと物足りない」「IHだとうまく料理できない」と感じる方も多いです。

IHのコンロは、慣れるまでコツを掴むのが大変なのがデメリットと言えます。

また、ガス火で使えてもIHでは使えない調理器具も多いので、IH用の鍋などを揃えるのにもある程度お金がかかるでしょう。

停電時に困る

停電

オール電化住宅は、停電時にすべての機能がストップしてしまうのが最大のデメリットです。

災害時には復旧しやすい電気ですが、災害時以外にも電気工事や雷など、停電する理由は意外といろいろあります。

営業マン
営業マン
停電時は料理や湯沸かしが一切できなくなってしまうので、オール電化であっても小型ガスコンロや灯油ヒーターなどを1台持っておくと安心かもしれません。

ガス併用に戻せない

ガス

一度オール電化物件に住んでしまうと、ガス併用の暮らしに戻すのは簡単ではありません。

住んでみて「やっぱりガスコンロの方が使いやすい」「電気代が思ったより高かった」と感じたとしても、ガスを使った生活に戻すには時間もお金もかかります。

タカラベアー
タカラベアー
賃貸のオール電化物件だったら引っ越すしかないね。
営業マン
営業マン
オール電化は生活すべてに関わってくることなので、住む前に自分に合っているかをよく考えておくのが大事ですよ。

オール電化住宅に暮らす時の注意点

オール電化
営業マン
営業マン
オール電化住宅に暮らす際に注意したいポイントをまとめました!

オール電化住宅で暮らす際に注意したいのは次の2つ。

  • 電気を使う家事は日中以外に済ませる
  • エコキュートや蓄熱暖房は季節ごとに設定を変える

1つずつ見ていきましょう。

電気を使う家事は日中以外に済ませる

洗濯

オール電化で電気代を節約するには、日中の電気の使用量を抑えるのがポイントです。

電気料金プランをしっかり確認して、電気料金が高い時間帯は家電を使わないようなライフスタイルに調整しましょう。

営業マン
営業マン
家電を使った料理や洗濯は朝のうちに終わらせておいたり、日中の暖房は蓄熱ヒーターを使ったりすると、電気代の節約になります!

エコキュートや蓄熱暖房は季節ごとに設定を変える

スイッチオフ

エコキュートや蓄熱暖房は強弱や貯水量を設定で変えられるので、季節や気温に合わせて設定を調整しましょう。

  • お湯をあまり使わない時は貯水量を減らす
  • 温かい時期は蓄熱暖房を弱にする

など、季節に合わせて最適な設定にすることが大切です。

また、同時に次の日に使うお湯や暖房量が不足しないように設定するのも気をつけたいポイントです。

日中にお湯が足りなくなると電気料金が高い時間に追い焚きすることになり、余計に電気代がかかってしまうので注意したいところです。

オール電化住宅と普通住宅の比較表

オール電化
営業マン
営業マン
オール電化住宅と一般の住宅の比較表を作成しました!物件選びの参考にしてみてくださいね。
オール電化住宅 普通住宅
電気料金 14,000円程度(2人世帯)

夜間の電気代が安いので、うまく使うと光熱費を節約できる

10,000円程度(2人世帯)

ガス代+電気代がかかるため、オール電化より光熱費が高額になりやすい

ガス料金 かからない 月3,000円〜5,000円程度、プロパンガスだとさらに高額に
コンロ IH ガスコンロ
給湯 エコキュートまたは電気温水器 ガス給湯
暖房 蓄熱暖房・床暖房(エコキュート) エアコン・灯油ヒーターなど
災害時 復旧が早いが、停電時はすべての機能がストップする ガスの復旧に時間がかかる、ガス漏れや火事の危険性がある
タカラベアー
タカラベアー
オール電化物件は、メリットをうまく生かせたら快適に暮らせそうだね!

【まとめ】オール電化はうまく使うとお得が多い

今回は、オール電化の特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。

オール電化物件には、「光熱費が節約できる」「ガスや火を使わなくていい」「災害時に復旧しやすい」などさまざまなメリットがあります。

メリットが多い反面、ライフスタイルや地域によってはデメリットに感じられる部分もあるので、住む前に自分の暮らしに合っているかをよく考えてみてくださいね。

最近では賃貸のオール電化物件も増えてきているので、賃貸物件をお探しの方もぜひオール電化を検討してみてくださいね!

営業マン
営業マン
大阪・兵庫でお部屋をお探しの方は、物件検索サイト「karilun」をご利用ください!

自宅にいながらテレビ電話でも物件の内覧ができるので、毎日忙しいママにも大変おすすめですよ。

\大阪・兵庫特化の賃貸サイト/

営業マン
営業マン
TwitterやInstagramで物件情報やお部屋探しの豆知識、生活のお得情報を発信しているので良かったら覗いてください!

Twitterへ   Instagramへ

大阪兵庫の賃貸検索サイト「karilun」

karilunonline(かりるんオンライン)
弊社運営の賃貸物件検索サイトです。
お手頃なアパートからきれいなタワーマンションまで多数掲載中!

360度パノラマの設置、現役営業マンによる物件のおすすめポイントの解説などがあるので、自宅でもお部屋の情報がたくさん手に入りますよ。

また、karilunでは迷惑なおとり広告ゼロ宣言をしています、それだけ社員一同おとり広告を撲滅していきたいと思っているのでサイトもその想いで運営しています。

大阪、兵庫のお部屋探しに活用してください。

物件を検索する