部屋を借りる

母子家庭が賃貸で暮らすときの部屋の選び方や注意点を紹介

母子家庭の部屋の選び方
タカラベアー
タカラベアー
母子家庭が賃貸で暮らすときには、どんな間取りにしたらいいのかな?
営業マン
営業マン
ライフスタイルによっておすすめの間取りがそれぞれありますよ。

母子家庭の賃貸の間取りは、どう選んだらいいのか悩ましいですよね。

母子家庭の賃貸ライフでおすすめできる間取りは、子どもの人数や家賃の予算、どのような生活を送りたいのかによっても異なってきます。

このページでは、母子家庭が賃貸で暮らすときの間取りの選び方や暮らしの工夫などを紹介します。

この記事でわかること
  • 母子家庭の賃貸のおすすめの間取り
  • 母子家庭が賃貸を選ぶときのポイント
  • 母子家庭が狭い賃貸でも快適に暮らす方法

母子家庭で賃貸物件を探しているけれど、間取りなどが決められずに迷っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

母子家庭の賃貸契約の注意点やポイントを解説
母子家庭が賃貸物件を契約するときのポイントや注意点を徹底解説母子家庭の賃貸契約で事前におさえておくポイントや注意点を解説しています 先に知っておけばスムーズに賃貸契約までやれるのでよかったら参考にしてみてください...
営業マン
営業マン
↑のページでは、母子家庭が賃貸物件を契約するときのポイントや注意点についてまとめています。

母子家庭の賃貸のおすすめの間取り

母子家庭の賃貸のおすすめの間取り
タカラベアー
タカラベアー
母子家庭に最適な賃貸の間取りは何かな?

子どもの人数や家賃の予算によって、母子家庭におすすめの賃貸の間取りはかわってきます。

基本的には、1LDK以上がおすすめです。

どのような場合にどんな間取りがおすすめなのか、具体的にご説明します。

子どもが1人ならば1LDKがおすすめ

子どもが1人ならば1LDKがおすすめ

子どもが1人の場合、1番おすすめなのは1LDK。

1LDKは、5~6畳ほどの居室 (洋室/和室)と、8畳以上のリビング・ダイニング・キッチンがあるお部屋です。

リビング・ダイニングを母子がくつろぐ空間とし、居室は子ども部屋兼寝室などとして使用することができます。

営業マン
営業マン
お子さまが1人でしたら十分な広さがありますよ!

リビング・ダイニングと居室が引き戸でつながっているタイプの間取りだと、扉を開放すれば1つの大きなまとまった空間として広々と使うこともできます。

子どもが2人ならば2LDKがおすすめ

子どもが2人ならば2LDKがおすすめ

子どもが2人いる方は、2LDKを選ぶと良いでしょう。

2LDKは、1LDKよりも居室が1つ増えた間取りです。

5~6畳ほどの居室 (洋室/和室)が2室と、8~10畳以上のリビング・ダイニング・キッチンがあるお部屋となります。

営業マン
営業マン
2LDKは1LDKよりも、収納や1つ1つのお部屋の広さにゆとりがある場合が多いですよ。

子どもが2人以上いて小学生以上などの個室が必要な年齢になったとしても、それぞれに子ども部屋を与えることができます。

リビング・ダイニングが広めのお部屋を選ぶと、一角に小さなデスクなどを置いて、ママ専用の空間をつくることも可能。

家賃を抑えたいならばDKを選ぼう

DKとは、居室 (洋室/和室)と、4.5畳~8畳ほどのダイニング・キッチンがあるお部屋です。

1DKならば居室は1つ、2DKならば居室は2つとなります。

タカラベアー
タカラベアー
LDKタイプのお部屋よりも、ダイニング・キッチンの部分が少し狭いんだね。

同じ立地条件や間取りの場合、基本的にはDKタイプの物件のほうが、LDKタイプの物件よりも家賃は安くなります。

  • 家賃を抑えたい
  • 居室の数を増やしたい
  • より駅に近い物件がいい
  • 収納スペースはあまりいらない
  • 子どもが3人以上いて個室が必要

こんな方には、DKタイプのお部屋がおすすめ。

1部屋あたりの広さはやや狭くなりますが、コスパ良く暮らしたい方にはぴったりの間取りですね。

母子家庭が賃貸を選ぶときのポイント

母子家庭が賃貸を選ぶときのポイント

母子二人三脚での賃貸生活、できるだけ毎日ストレスなく過ごしたいですよね。

ここでは、母子家庭が賃貸物件を選ぶ際に確認しておいたほうが良いポイントをご説明します。

タカラベアー
タカラベアー
気になる!!

周辺環境をチェック

周辺環境をチェック

大人だけで暮らす場合と違い、子どもがいる場合には周辺環境をチェックして物件を決めることがとても重要です。

周辺環境が充実しているかそうでないかによって、子育てのしやすさが変わってきます。

営業マン
営業マン
このような施設が自宅から徒歩圏内にあると、子育てしやすいと言われていますよ。
  • 公園
  • 保育園・幼稚園
  • 小学校・中学校
  • 小児科などの病院
  • 電車の駅やバス停
  • 児童館や子育て支援センター

公園については、緑が深く覆い茂ったような公園だと不審者などが出る危険性も考えられます。

子ども向けの遊具などがあり、明るく賑わいのある開放的な公園のほうが安心だと言えるでしょう。

また、病院については小児科や皮膚科などのクリニックに加え、いざというときのための総合病院や救急指定病院も自宅周辺にあると心強いですよ。

母子家庭が避けたほうがいい条件

同じ間取りタイプでも、細かい仕様や条件などはお部屋によってさまざま。

母子家庭にあまり向いていないと思われるお部屋条件は、次のとおり。

  • メゾネットタイプ
  • カウンターキッチンではない

メゾネットタイプとは、集合住宅でありながらもお部屋の中に階段があり、2階以上のスペースがある物件のこと。

とくに子どもが小さい場合、階段がすぐ身近にありベビーゲートなどがあったとしても落下の危険性があるので、できるだけ避けたいものです。

また、キッチンも、常に子どもに目が届きやすいという点から、間仕切りされているような独立タイプよりもカウンタータイプのほうがおすすめです。

タカラベアー
タカラベアー
子どもがある程度大きくなっていれば平気かもしれないね!

できるだけ子育て世帯が多い物件を選ぶ

できるだけ子育て世帯が多い物件を選ぶ

同じように子育てをしている家庭が多い物件を選ぶと、暮らしやすいかと思います。

子育て世帯が賃貸で暮らすときにトラブルになりやすいのが、騒音などの問題。

  • 子どもの足音
  • ピアノなどの楽器の音
  • 子どものはしゃぐ声、叫び声

主にこのようなものが問題になりがちです。

しかし、子どもがいる以上、物音を立てないように静かに暮らすのは難しいし、あまりに気をつかいすぎてもストレスが溜まってしまいますよね。

単身世帯や高齢者がメインの物件を選んでしまうと、あまり理解が得られずにトラブルに発展してしまう可能性もあります。

子育て世帯が多い物件の場合、お互い様ということで大目に見てもらえることもあるのでおすすめです。

営業マン
営業マン
最低限のマナーや、日ごろからコミュニケーションを取っておくことも大切ですよ。

エレベーターはあったほうがいい

子どもがいて2階以上のお部屋に住む場合、エレベーターはあったほうが便利です。

子どもがまだ小さいうちは、毎日子どもを抱っこしながら階段を往復するのはとても大変。

場合によってはベビーカーなどの乗り物や、買い物袋なども一緒に持ち運ぶ必要もあるかもしれません。

タカラベアー
タカラベアー
それは大変。身体を痛めてしまうかもしれないね…

最近では、府営や市営などの公営団地、UR賃貸などでもエレベーター付きの物件が多くなっています。

不動産会社に相談して、そういった物件を探してみましょう。

営業マン
営業マン
予算的に難しい場合には、1階や、階段の上り下りの少ない2階のお部屋を選ぶことをおすすめします。

母子家庭が狭い賃貸でも快適に暮らすコツ

母子家庭が狭い賃貸でも快適に暮らすコツ

家賃の関係などもあり、コンパクトな賃貸で暮らすことを選ぶ母子家庭も多いかと思います。

部屋が狭くても快適に暮らせるコツがあるので、ご紹介します。

家具のカラーなどに統一感を出す

家具などのインテリアのカラーや雰囲気を統一すると、生活感がなくなりお部屋がすっきり見えます。

  • 北欧風
  • モダン
  • アメリカン
  • ナチュラル
  • ボヘミアン
  • ヴィンテージ

最近は、このようなテイストのインテリアが人気を集めているようです。

カラーもあまりさまざまな色を多用するとごちゃごちゃした印象になってしまいます。

メインのカラーとサブカラーを2~3色決め、その範囲の中で家具やカーテンなどのインテリアを選ぶとお部屋が広く見えるでしょう。

タカラベアー
タカラベアー
雰囲気を決めるのも楽しそうだね。

収納グッズを活用する

100円均一や300円ショップなどの収納グッズを利用するのもおすすめです。

衣類や日用品などは、カラーボックスや仕切りケースなどですっきりと片付きます。

また、キッチンのシンクの下などのすき間空間も、シンク下整理棚とバスケット収納を組み合わせることでうまく使うことができます。

タカラベアー
タカラベアー
ダイソーなどには、他にも玄関やトイレ、クローゼットの中や洗面所などにもぴったりの収納がたくさんあるよ!

背の低い家具を選ぶ

背の低い家具を選ぶ
大きな家具は収納力はありますが、狭いお部屋に置いてしまとどうしても圧迫感があります。

狭いお部屋には、背の低い家具を選ぶと、壁などに余白が生まれて広い空間を実現することができますよ。

ソファやテレビ台、ベッド、収納棚などは、できるだけ背が低いものにしてすっきりとしたお部屋を目指しましょう。

営業マン
営業マン
小さな家具だと天井も高く感じるので、お部屋が本当に広々としますよ。

母子家庭の賃貸の間取りはライフスタイルに合わせて選ぼう

母子家庭の賃貸の間取りはライフスタイルに合わせて選ぼう

母子家庭におすすめの、賃貸の間取りなどについてご紹介しました。

子どもの人数や年齢、ライフスタイルなどによっておすすめできる間取りはさまざまです。

お部屋選びの際は、間取りだけではなく周辺環境やお部屋の条件なども細かくチェックして物件を選ぶと、失敗しないでしょう。

たとえお部屋が狭くても、工夫次第で快適に暮らせます。

希望の条件に合わせて、自分にぴったりのお部屋を見つけましょう。

\大阪・兵庫特化の賃貸サイト/

営業マン
営業マン
大阪・兵庫でお部屋をお探しの方は、弊社にもぜひご相談ください!
自宅にいながらテレビ電話でも物件の内覧ができるので、毎日忙しいママにも大変おすすめですよ。

大阪・兵庫で母子家庭が賃貸を借りるときの優遇について知りたい方は、こちらのページもご確認ください。

大阪・兵庫で母子家庭賃貸契約優遇まとめ
大阪・兵庫で母子家庭が賃貸を借りるときの優遇まとめ大阪・兵庫で母子家庭が賃貸を借りるときの優遇制度をまとめました 今から部屋を借りる方は一度参考にしてみてください...
大阪兵庫の賃貸検索サイト「karilun」

karilunonline(かりるんオンライン)
弊社運営の賃貸物件検索サイトです。
お手頃なアパートからきれいなタワーマンションまで多数掲載中!

360度パノラマの設置、現役営業マンによる物件のおすすめポイントの解説などがあるので、自宅でもお部屋の情報がたくさん手に入りますよ。

また、karilunでは迷惑なおとり広告ゼロ宣言をしています、それだけ社員一同おとり広告を撲滅していきたいと思っているのでサイトもその想いで運営しています。

大阪、兵庫のお部屋探しに活用してください。

物件を検索する